夏本番、海開きだ“うみウララ”  延岡市下阿蘇ビーチ

夏本番、到来――。延岡市の下阿蘇、熊野江、須美江の各海水浴場で7月16日、一斉に海開きが行われました。そのうち、環境省の快水浴場百選で九州唯一の“特選”に選定されている下阿蘇ビーチでセレモニーがあり、地元中学生や若鮎レディらが初泳ぎを楽しみました。

各海水浴場では、須美江、熊野江、下阿蘇の順に神事が行われ、観光協会の谷平興二代表理事や杉本隆晴延岡市副市長らが玉串を捧げ、開設期間中の安全を祈願しました。

下阿蘇のセレモニーで谷平代表理事は「神話とアウトドアと食べ物を中心に、延岡を元気にしていきたい。このうみウララエリアはその中心になるポイント。美しいビーチを延岡の売りにして、たくさんの人に来ていただきたい」と抱負を述べました。

IMG_9773 IMG_0477 IMG_9782

そのあと、ピカケフラシスターズによるフラダンスや北浦中学生による民舞とソーラン節が披露され、セレモニーに花を添えました。

テープカットの後、北浦中学生や2016若鮎レディの木村友香さん、隈元志穂里さん、渡邊加生里さんの3人が元気良く海に飛び込み、水を掛け合ったりしました。

IMG_0498 IMG_0527 IMG_9941 IMG_0640

関連記事

ページ上部へ戻る