• 2020.10.2

300年の伝統持つ鮎やなオープン コロナ対策・河川敷の囲炉裏席で営業

宮崎・延岡市の秋の風物詩、五ケ瀬川水系の鮎やな漁が10月1日解禁され、同市大貫町の「延岡水郷鮎やな」でオープン式が行われた。「鮎やな」は、産卵のため川を下る落ちアユの習性を利用した伝統漁法で、300年以上の伝統がある。川原で焼く鮎の香ばしい香りは「かおり風景百選」に認定されている。毎年、2カ月間に2万人を超える観光客か訪れている。

 

今年は新型コロナウイルス感染防止のため、食事棟として利用してきた「かわまち交流館」内での営業は中止。風通しの良い河川敷にテントを設営し、最大8人が座れる囲炉裏(いろり)席を20カ所設ける形での営業に切り替えた。営業は例年と同じあゆ処 国技館が担当するが、10月1日から15日まではテイクアウトのみの営業とし、囲炉裏席での営業は16日からとなる。日本最大級の長さを誇る〝鮎やな〟架設は今月23日ごろになる見通し。

河川敷に設営された囲炉裏席で鮎に舌鼓をうつ出席者

 

オープン式には、市内の政財界や近隣の観光協会の代表ら約120人が出席。神事の後、テープカットや鏡割りでオープンを祝った。延岡観光協会代表理事の谷平興二さんは、「お客さんの60%は市外・県外からのお客さんであり、密になりやすい食事棟での営業中止は致し方のない決断だった。しかしながら、『300年の鮎やなの伝統を途絶えさせるわけにはいかない』という関係者の皆さんの思いにより、このような新しい形での営業ができることになった。コロナを吹き飛ばし、市民の皆さまの笑顔いっぱいの広場になるといい」と話した。

総勢17人によるテープカットでオープン祝う

 

テイクアウトは11時〜19時。メニューは鮎の塩焼き、みそ焼き、甘露煮、鮎めしの単品4種。囲炉裏席は平日が11時〜15時までと17時〜21時、土日祝日が11時〜21時で、木曜日が定休(テイクアウトは対応)となる。詳しくはあゆ処国技館(℡0982-23-1905)へ。

香り風景百選に選ばれた鮎の塩焼き

あいさつする延岡観光協会の谷平代表理事

関連記事


過去の記事

スポンサー広告

ページ上部へ戻る