中小屋天文台「昴ドーム」が再オープン 美郷町北郷

 

美郷町北郷の中小屋天文台「昴(すばる)ドーム」が10月8日、1年半ぶりに営業を再開しました。昨年3月末から一時休館となっていましたが、再オープンを求める声が多かったことから老朽化した施設の修繕を行い、美郷町地域おこし協力隊の運営により再開することになりました。通常は原則完全予約制で、天文イベントの際はHP上などで告知して特別開館します。

%e6%9c%9b%e9%81%a0%e9%8f%a1%e5%81%b4%e9%9d%a2

同天文台は昭和63年に開業。星空ウォッチングコンテストで全国1位に輝いた標高約1000メートルの高地に当時、九州最大級の口径60センチのリッチークレチアン式反射望遠鏡を供え、多い年は年間1万5千人の来館者がありました。

営業時間は午後1時~午後9時の間。利用は完全予約制で、昴ドーム及び官吏・研修棟を利用する人は原則2日前までに予約が必要です。入館料は大人(中学生以上)510円、子供(3歳以上小学生以下)310円。定休日は毎週火曜日(都合により臨時休館となる場合がある)。

営業内容は、昴ドームでの星空の観察・業務案内、売店(農林産直売所)、観光商工案内ブース、研修施設の運営、星空の観察会をはじめてとした各種イベントの開催。

詳しい問い合わせ、利用申し込みは美郷町役場企画情報課北郷支所の地域おこし協力隊兼中小屋天文台運営支援員・小松嵩史さん(電話0982-62-6201、FAX0982-62-5021)へ。

【Eメール】t-komatu@town.miyazaki-misato.lg.jp

0928-2dscf1691

img_0972

関連記事

ページ上部へ戻る