• 2016.4.18

4月21日にプレ、27日にグランドオープン  きたうらら海市場

延岡市北浦町古江のサッカー場東側に北浦臨海パーク「きたうらら海市場」が4月21日にプレオープン、4月27日にグランドオープンします。町内の農林水産業者らで設立した株式会社きたうら海友(きたうらかいゆう)が、昨年11月から工事に着工していました。21日は直売所のみのオープンで、27日にはレストランも営業を開始します

IMG_6308 IMG_6313 IMG_6312 IMG_6310 IMG_6326

きたうら海友は、宇戸田定信社長ら町内の事業主4人と北浦漁協が出資して昨年5月19日に設立しました。「海市場」は5271平方メートルの市有地に、農林水産物直売所、レストラン、観光案内所などが整備され、ひむか遊パークうみウララの新たな拠点となります。

海友によると、プレオープンの21日は午前10時から落成記念式典を行い、正午前後から直売所のみで営業を開始します。営業時間は午前8時半~午後8時。年末年始以外は年中無休で営業します。

27日のグランドオープンでは午前10時半から主催者あいさつ、テープカットを行い、終了後にオープンします。この日からレストランの営業も始まります。

レストランは海鮮バイキング形式で、130種類のメニューを15ブロックに分けて提供し、にぎり寿司、刺身、一品料理、サラダ、デザートなど毎日30~70種類の料理が並びます。営業時間は午前8時半~午後6時半で、毎週火曜日が定休です。バイキングの設定価格は1800円(税込み)ですが、オープン後当分の間は1割引きの1620円(税込み)で提供します。

敷地内にリニューアルした牡蠣家は、施設オープンに先立ち、15日に開店しています。

詳しい問い合わせはきたうら海友の大野光裕総務課長(電話0982-24-5580)へ。

 

▽   ▽

レストランオープンを前に、4月15日から4日間に分けて、地区住民や地元漁業者、地元の高齢者クラブなど総勢約800人を対象に、海鮮バイキングの試食会が始まりました。

17日はマスコミ関係も取材を兼ねて参加し、北浦ならではの新鮮な刺身、寿司、チキン南蛮、酢豚、シーフードパスタ、メヒカリ南蛮、アジフライなどに舌鼓を打ちました。

刺身はカンパチ、ブリ、マダイ、カツオなど。にぎり寿司には、キビナゴの握りもありました。

来場者を対象にアンケートを実施しており、グランドオープンに向けての参考にしたい考え。

IMG_6295 IMG_6297 IMG_6298 IMG_6301 IMG_6305 IMG_6314 IMG_6315 IMG_6316 IMG_6317

関連記事

ページ上部へ戻る