• 2017.11.13

神々が延岡城址で舞う 城山かぐらまつり

延岡市の延岡城址二の丸広場で11月12日、第21回城山かぐらまつりがありました。

 

 城山かぐらまつりは、日豊圏域の市町村が神楽を通して伝統文化の保存、伝承活動の振興、まちづくりの活性化につなげようと、1997年(平成9)から実施しているもので、延岡市の秋の恒例行事の一つとして親しまれています。

 

 

 

 

 

 かぐらまつりには、延岡市内の神楽保存会10団体のほか、日向市、門川町、福岡県豊前市の神楽保存会も参加、合わせて13団体がそれぞれ神楽を披露しました。
観客は笛や太鼓、かねに合せて舞う奉仕者(ほしゃ)たちの一挙手一投足に熱い視線を注ぎ、演目が終わるたびに拍手を送っていました。
演目の途中には餅まきが行われ、アタリ券がついた餅を拾った人には鮮魚が配られました。

 

まつりでは28番の舞が披露され、多くの人で賑わいました。

関連記事

ページ上部へ戻る