ヒメボタルの乱舞が最盛期  日向市小原地区

日向市塩見小原(こばる)地区の杉林でヒメボタルの乱舞が最盛期を迎えています。ヒメボタルは林間に棲むホタルで、ゲンジボタルやヘイケボタルよりひと回り小さく、チカチカと金色の強い光を放つことから“黄金ボタル”とも呼ばれています。一帯では数は少ないもののゲンジボタルやヘイケボタルも生息しており、3種類のホタルが一度に見られる貴重な場所として知られています。

場所は塩見川の上流、奥野河川プールのある付近です。河川プールの駐車場に停め、道路南側の杉林一帯に目を凝らすと、かなり広範囲にヒメボタルの乱舞が見られます。時間的には午後7時半過ぎから同9時ごろまでが見頃です。

ホタルは光で求愛するので、強い光はその妨げになります。観賞する場合は早めに行き、車のライトで照らすのは控えるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る