• 2020.2.9

松尾選手(旭化成)が自己ベストで3年ぶりV 延岡西日本マラソン

 若手の登竜門とされる「第58回延岡西日本マラソン」は2月9日、延岡市役所前を発着点に日向市原町を折り返す42・195キロの日本陸連公認コースで行われ、終盤40キロ過ぎでスパートをかけた松尾良一選手(旭化成)が、同僚の吉村大輝選手(同)をかわし、自己ベストとなる2時間12分2秒で3年ぶり3回目の優勝を果たした。女子は終始トップをキープした松本寿美選手(大阪陸協)が3時間1分18秒で初優勝した。

 大会には招待選手8人を含む632人(男子599、女子33)が出走。スタートの正午の天気は晴れ、気温8・8度、湿度62%、北北東の風で風速2・3メートルという絶好のコンディションに恵まれ、ペースメーカーの鎧坂哉選手(旭化成)を先頭に、順調なペースで進んだ。

 レースは、松尾、吉村選手を中心に招待の岡田竜治選手(大塚製薬)、畔上和弥選手(トヨタ自動車)、一般参加の宮上翔太選手(九電工)ら8人が折り返し点まで集団を形成する展開。ペースメーカーが退いた27キロ過ぎには集団は5人に絞られ、終盤の山場となる船越峠を過ぎるころまでは岡田選手が先頭を引っ張った。

 35キロを過ぎると宮上選手が意欲的に前に出るが、西日本延岡マラソン7回目で3回目の優勝を狙う松尾選手が背後からぴったりマーク。一時はやや遅れ気味だった吉村選手も39キロ地点で2人に追いつくと、今度は宮上選手が遅れだし、終盤は旭化成勢2人によるデッドヒートの様相になった。

 そして40キロ過ぎ、松尾選手が満を持してスパート。そのまま吉村選手に7秒差を付けてゴールに飛び込んだ。

 松尾選手は「優勝だけを考えて、自分が勝てると思ったところ以外ではスパートしないと決めていた。作戦通りのレースができ最高です。タイム的には2014年の自己ベストを更新できたし、今回の優勝が一番うれしい」と話した。

上位の成績は次の通り。

【男子】①松尾良一(旭化成・宮崎県)2時間12分2秒②吉村大輝(同・同)2時間12分9秒③宮上翔太(九電工・福岡県)2時間12分26秒④岡田竜治(大塚製薬・徳島県)2時間12分34秒⑤畔上和弥(トヨタ自動車・愛知県)2時間13分46秒⑥後藤敬(西鉄・福岡県)2時間16分36秒⑦林慎吾(安川電機・福岡県)2時間16分59秒⑧堀聡介(戸上電機製作所・佐賀県)2時間20分40秒⑨奈須順平(宮崎市陸協・宮崎県)2時間24分1秒⑩有馬圭祐(九電工・福岡県)2時間24分34秒

【女子】①松本寿美(大阪陸協・大阪府)3時間1分18秒②合田なぎさ(東京陸上競技協会・東京都)3時間4分51秒③山下やすこ(岡山陸協・岡山県)3時間7分34秒④首藤麻希(豊後大野市陸協・大分県)3時間12分43秒⑤玉木里佳(福岡陸上競技協会・福岡県)3時間12分57秒⑥山本理紗(比治山AC・広島県)3時間16分7秒⑦蔵迫直美(鹿児島狂犬夜走・鹿児島県)3時間21分13秒⑧楠木裕子(宮崎陸協・宮崎県)3時間22分27秒⑨三宅修子(宮崎陸上競技協会・宮崎県)3時間22分59秒⑩東屋千由里(三原市陸上競技会・広島県)3時間24分11秒

関連記事

過去の記事

スポンサー広告

ページ上部へ戻る