• 2019.3.22

〝千人殺し〟の石垣が崩壊? 延岡・城山城址でPM開始

 延岡市の城山城址公園で3月22日夜から、〝千人殺し〟の石垣を使った大型プロジェクションマッピング(PM)上映が始まる。ケーブルメディアワイワイが主催するワイワイ花宵物語の演出の一つで、宮崎県北でのPM上映は初。

 延岡市内の花の名所を主会場に開催中の「延岡花物語」のフィナーレを飾るイベントの一環。城山城址は1603年(慶長8)、当時の城主・高橋元種が築城した城郭遺構。〝千人殺し〟の異名をとる野面積みの大石垣は、高さが約19メートルあり、石垣の一番下の礎石を外すと石垣全体が総崩れし、千人の敵兵を殺すことができる。

https://youtu.be/jB0yY8cdpOs

 城山には約400本のソメイヨシノが植えられ花見スポットとして市民に人気。花宵物語は毎年、桜シーズンの3月末から4月初めにかけて約2週間にわたって開催され、桜と石垣をライトアップするほか、終盤の2日間は竹灯籠設置などで幻想的な空間を演出している。

 PMは3月22日から4月7日までの毎日、午後7時15分から同9時まで20分間隔で計6回上映される。石垣全体を縦19メートル、横19メートルの巨大スクリーンに見立て、高輝度のプロジェクター4台により、1回約5分の映像を流す。

 テーマは「延岡を舞台に時空を超える」。ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの出逢い(古代)、〝千人殺し〟の石垣の崩壊(中世)、大崩山周辺の紅葉など延岡の風景(現代)など華やかな映像絵巻が繰り広げられる。

 ワイワイの犬童太郎企画室長は「城山は『続日本100名城』に選ばれた延岡のランドマーク的存在。昨年は三階櫓の復元VRなどを見られるスマートフォン用の延岡城アプリを制作しており、さらに多くの人にその素晴らしさを知ってもらおうと企画した。ぜひ多くの人に城山に来てもらい、延岡の歴史に触れてほしい」と呼びかける。

ワイワイでは4月6日午前10時から現地で、「ワイワイグルメ博2019」を開催。宮崎県北のグルメ15店が出店するほか、お笑いライブなどのステージイベントを予定している。


関連記事

過去の記事

ページ上部へ戻る