• 2019.2.11

本東寺で慧日梅観梅会  延岡

出逢いの聖地に春の訪れを告げる「延岡花物語」が2月1日開幕しました。延岡市松山町の本東寺(吉田海心住職)で2月10日、11日の2日間、延岡花物語の第1弾となる「慧日梅(えにちばい)観梅会」が開かれた。

本東寺には「みやざき巨樹百選」に選定されている樹齢230年、高さ約3メートル、幹回り約1・5メートルの枝垂れ白梅の古木を含め、白梅50本、紅梅5本があり、寺の山号から“慧日梅”と呼ばれ、新富町の「座論梅」(ざろんばい)、宮崎市高岡町の「月知梅」(げっちばい)とともに「日向三大梅」として知られている。

今年は暖冬で梅の開花が例年より2週間ほど早く、枝垂れ白梅は花が少なくなっているが、まだまだ蕾みの木もあり、訪れた人たちを楽しませている。

好天に恵まれた初日の10日は、延岡観光協会主催による観梅会が開かれた。開会に先立ち、若山牧水延岡顕彰会会長の塩月眞さんが朗詠するなか、境内にある片寄貞章の歌碑「山門をくぐるやがてもかほりきぬ法のみ庭の白梅の花」への献酒、献花が行われた。

花物語の実行委員長を兼ねる谷平興二観光協会会長、本東寺の吉田静正副住職、読谷山洋司延岡市長のあいさつに続き、塩月さんの朗詠、西村剛山さんの尺八、延岡錬心会の黒木山雄教士七段の居合の型と真剣による巻き藁斬りが披露された。いずれも80歳代の名手3人による競演に参加者からひときわ大きな拍手が起きた。

境内には、岩熊井堰の開設に尽力した藤江監物と江尻喜多衛門の墓碑、徳川家康・織田信長の曾孫で延岡藩主・有馬直純の妻だった日向御前をまつる五輪塔などがあり、土持氏最後の城となった松尾城址が近く、延岡茶道協会による野点(1服300円、お菓子付き)や、延岡史談会による土持氏最後の城となった松尾城址など周辺の史跡ガイド(無料)もあった。

2月23、24日には五ヶ瀬川河川敷でメーンイベントとなる「このはなウオーク」が開催される。

関連記事

過去の記事

スポンサー広告

ページ上部へ戻る