個性的な「のぼるくん」が完成!  えんぱく先行プログラム実施

11月上旬に始まる「ひむかのくに えんぱく2015」を前に、先行プログラムとして10月17日に「羊毛フェルトで『のぼるくん』を作ろう」、18日に「キツツキたちの音楽会」が開かれました。今年で6年目を迎える「えんぱく」は11月7日に開幕し、12月6日までを期間に、延岡市内だけでなく、ひむかエリア(宮崎県北)一円、さらには隣接する大分県佐伯市を舞台に、30のプログラムが実施されます。

「羊毛フェルトで『のぼるくん』を作ろう!」は、延岡市北川町白石の森の食卓ぐりゅ~んで開かれました。9人が参加し、約2時間半かけ、それぞれの個性を前面に出した“のぼるくん”ができあがりました。

西嶋弘子さんを講師に、羊毛フェルトを材料に“のぼるくん”の上半身づくりに挑みました。フェルトを自分なりにすれば、いろんなオプション付けも可能。長いまつげが印象的なのぼるくんや、焼酎瓶を抱えたのぼるくんなどが完成しました。

できた人形は10月24日、25日の2日間に延岡市の中町通線特設会場で開かれる「のぼりざるフェスタTogether2015」の会場で展示されます。

参加したフェスタ実行委員長の片伯部智之さん(41)は「とにかく楽しかった。みんな無口になり、黙々とのぼるくん作りに集中していました。工夫次第でいろんなオプションが付けられるので、個性的なものができるし、どんどん追加したくなって終わりがなくなりそうでした」と話していました。

今回のプログラムは、えんぱく本番でも11月25日に実施が予定されています。

のぼるくん2 のぼるくん3 のぼるくん4 のぼるくん5 のぼるくん6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のぼるくん7 のぼるくん8

関連記事

ページ上部へ戻る