• 2018.6.27

延岡出身の琴恵光関が新入幕  地元で記念セレモニー

延岡市出身の琴恵光関(佐渡ケ嶽部屋、本名・柏谷充隆)の幕内昇進を祝う記念セレモニーが6月25日、同市の山下新天街で行われました。宮崎県出身力士の幕内昇進は、高鍋町出身の金城関以来44年ぶり、延岡市出身では戸田関(羽黒岩関)以来51年ぶりで、戦後3人目となります。

琴恵光は祖父が元十両の松恵山。小学校時代から柔道と相撲を習い、6年次にはわんぱく相撲全国大会でベスト8に入りました。岡富中学卒業後に佐渡ケ嶽部屋に入門。2007年3月、琴柏谷の四股名で初土俵を踏みました。2014年11月場所で十両にいったん昇進したものの、2度の幕下降格を経験し、2016年7月場所で十両に返り咲きました。

今年は初場所から好調で、春場所で10勝5敗、続く夏場所で11勝4敗と、終盤まで優勝争いに加わる活躍を見せ、新入幕は確実視されていました。

25日に発表された名古屋場所の新番付で、東前頭14枚目として新入幕することが正式決定したことを受け、地元の後援会が主催し両親が経営するちゃんこ店前のアーケードで、記念セレモニーを開きました。午前8時には、市内2カ所でお祝いの花火も上がりました。

セレモニーには、両親の柏谷正倫さん・多美さん、後援会の稲田義美会長、山本一丸副市長、清本英男商工会議所会頭ら約130人が出席。母校・岡富小学校の代表・佐藤佑紀君、近くの山下保育所の年長・年中児もお祝いに駆けつけました。

稲田会長は「初土俵以来、67場所586回、1回も休まずに土俵に上がり続けた結果が新入幕に結びついた。幕内は十両のように簡単にはいかない。これからが大変。持って生まれた運動神経、俊敏な動きで3賞候補になるような成績を残せるよう頑張るので、市民、県民の皆さんに引き続きの声援をよろしくお願いしたい」と期待を寄せました。

父・正倫さんも「幕内は厳しい所だが、本人は一生懸命やっている。皆さん、温かい気持ちで応援してほしい」と話し、引き続きの支援を呼びかけました。

来賓と保育園児らでくす玉が割られ、万歳三唱して昇進を祝いました。

関連記事

ページ上部へ戻る