• 2017.6.6

ばんば踊りで世界記録に挑戦!! まつりのべおか2017

まつりのべおか実行委員会は、延岡市伝統の踊り「ばんば踊り」で世界記録を目指す「ばんばでギネスプロジェクト」の参加者を募集しています。
6月5日に延岡市役所で記者会見があり、榎本雄介実行委員長と岡田明利総踊り部会長がギネスチャレンジの概要などを説明しました。


まつりでは盛り上がりが最高潮を迎える頃、参加者が大きな輪になり踊る「ばんば総踊り」が見ものとなっています。毎年、市民や団体、企業など約3000人が参加し、会場は熱気に包まれます。
ギネスチャレンジは祭り当日7月22日の午後3時からで、総踊りと別に実施されます。
ルールは5分間でミスなく「新ばんば踊り」を踊ること、参加者の5パーセントが失格した時点で挑戦失敗となります。服装は柄を揃える必要はありませんが浴衣で揃えること(草履、下駄)が条件となります。チャレンジが成功した場合、午後4時50分から認定式が行われます。
実行委員会では、より多くの参加者を募ろうと浴衣の展示即売会や新ばんば踊り練習会などを開く予定です。
榎本実行委員長は「延岡市の伝統文化である『ばんば踊り』の素晴らしさを市民に気づいてもらい、誇りにしてほしい。若い世代に踊り継いでもらうためにも世界記録を作って国内外へPRしたい。是非、市民のみなさんに参加していただきたい」と話しました。
現在の「Largest bon dance(最大の盆踊り)」世界記録は、東京都八王子市が持つ2130人です。実行委員会では3000人の参加を目標にしています。

 

banba2017_2

banba2017_3

関連記事

ページ上部へ戻る